HOME > 会社案内 > 沿革
会社案内

沿革

1946年(昭和21年) 小倉大四郎が大阪に於て日精商事株式会社を設立、東レ株式会社のナイロンテグスの販売を始める。
1952年(昭和27年) 東京に事務所を開設。
1954年(昭和29年) 合成繊維熱裁断テープの生産販売を始める。
1966年(昭和41年) 高槻テープ工場を建設し、コンピュータリボン用カットテープの生産を開始する。
1975年(昭和50年) 大分工場を新設し、コンピュータリボン用カットテープの生産を拡大。
1977年(昭和52年) 東レ株式会社、酒井産業株式会社、日精株式会社の3社合弁により、東レ炭素繊維“トレカ”の加工を目的とするサカイ・コンポジット株式会社を設立。同社の発売元となる。
1982年(昭和57年) 西宮市に阪神流通センターを新設。織物、不織布、フィルム類の裁断加工を行うと共に当社流通倉庫とする。
1985年(昭和60年) 東京営業所[1961年(昭和36年)改変]を支店に昇格。
1995年(平成7年) シンガポール支店を開設。
大分営業所(高城工場)を開設、リユーストナーカートリッジの生産販売を始める。
1996年(平成8年) 香港に現地法人 COLOURFUL INTERNATIONAL LIMITED を設立。
2003年(平成15年) 香港現地法人 COLOURFUL INTERNATIONAL LIMITED の来料工場を中国・広東省東莞市に設立。
2006年(平成18年) 中国・山東省威海市に威海事務所を開設。
2009年(平成21年) 加工事業の更なる拡大の為、西宮工場(現西宮物流センター)、大分営業所(高城工場)を集約、大分市に新工場を設立、移転。
2011年(平成23年) 香港現地法人 COLOURFUL INTERNATIONAL LTD. の来料工場
日富電子塑膠制品廠を現地法人化、東莞日富繊維科技有限公司を設立。
威海事務所を現地法人化、日精(威海)貿易有限公司を設立。
2017年(平成29年) 大分第二工場を新設。